事業承継補助金お任せ下さい

【事業再構築補助金】採択決定!事業計画書の大切なポイント

0

わたしたち「クレモナ」の事業再構築補助金の採択が決まりました。
今回は、採択の決定打になる、事業計画書の書き方のポイントについてお話しています。

音楽家でもトライできる!【事業再構築補助金】ブログ

①とにかく始めてみる

音楽家でもトライできる!【事業再構築補助金】①とにかく、始めてみる

②補助対象事業枠どれにする?

音楽家でもトライできる!【事業再構築補助金】②補助対象事業枠どれにする?

③日本標準産業分類にのっとって立ち位置を決める

音楽家でもトライできる!【事業再構築補助金】③日本標準産業分類に沿って自分の現状を知り、類型を決める。

④具体的な補助事業の例「新分野展開」を例に

音楽家でもトライできる!【事業再構築補助金】④「新分野展開」を例に類型を選ぶ。

▼毎週2回届く、有料メルマガ【クレモナ通信】のご購読はこちらから。
https://search.mag2.com/MagSearch.do?keyword=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%8A%E9%80%9A%E4%BF%A1
We CREMONALABO are a woodwind quartet specializing in “Astor Piazzolla” (1921-1992).
The quartet is composed of flute, soprano saxophone, horn and bassoon, and all the players are Japanese women in their twenties.
As “Unearthly Rebels Following the Legacy of Astor Piazzolla,” the quartet uses original scores that incorporate both traditional and new techniques, and performs all the pieces on stage in memorized form.
We are a group of creators who aim to create a “new, contemporary classical music” and create a classical stage for the next era of Piazzolla.

私たち【クレモナ】は、『アストル・ピアソラ(1921-1992)』を専門に演奏活動をしている木管四重奏団です。
編成は、フルート・ソプラノサックス・ホルン・ファゴットの異なる歌口の管楽器で、奏者全員が20代の日本人女性です。
『アストル・ピアソラの遺志を受け継ぐうら若き反逆者』として、伝統的な技法と新しい技法を取り入れたオリジナルの楽譜を使用し、ステージは全曲暗譜で演奏します。
「新しい、現代のクラシック音楽」を目指し、ピアソラの次の時代のクラシックのステージを作るクリエイター集団です。

◆1stアルバム「Che Tango Che!-タンゴ、しなくっちゃ!-」
 https://cremonalabo.official.ec/items/34170187
◆2ndアルバム「Libertango」
 https://cremonalabo.official.ec/items/34170216
◆3rdアルバム「ブエノスアイレスの四季」
 https://cremonalabo.official.ec/items/39051157