事業承継補助金お任せ下さい

[事業再構築補助金]制度の概要&計画書作成のポイント★Zoomセミナーを全編公開(2021年4月13日開催)

0

youtubeの倍速設定(1.5倍速くらい)でご覧ください!!

■開催概要
2021年4月13日開催
事業再構築補助金 Zoomセミナー
テーマ:制度説明&計画書作成のポイント
募集ページ:https://takayuki.shinmoto.info/zoom-seminar-saikochiku/
※2021年4月開催分(全8回)は終了しました。5月以降開催に向けて準備中です。

■講師
認定経営革新等支援機関
中小企業診断士 
眞本 崇之

■セミナー概要
補助金申請で、事業者に立ちはだかる壁は、①制度を理解できないこと、②計画書が書けないことの2つです。

①補助金制度を理解できるようになる
公募要領、事業再構築指針などを隅々まで読んで理解するのは、
とても大変で、補助金初心者にはとても難易度が高いことです。
当セミナーでは、申請時に知っておくべきポイントに絞ってお伝えしますので、
セミナーの内容で、全体の8割程度は理解できるようになります。

では、残りの2割はどうするか、、、というと、個別フォローが必要です。
もっとも多い質問で例と挙げると、
「◯◯は補助金の対象になりますか?」のようなことは
事業者によって、使用する経費項目が異なるため、セミナーだけでは一概に解決できません。

そこで、セミナー後の、個別質問にも対応しますので、
制度を理解し、自分ごとに内容を置き換えたうえで、②計画書作成に取り掛かることができるようになります。

補助金事務局HP:https://jigyou-saikouchiku.jp/
↑公募要領や事業再構築指針もこちらからダウンロードできます

②計画書を書くコツがわかる
補助金申請で最大の難関は、審査で「採択」されなければならないことです。
※「採択」とは、テストでいう「合格」のことです。

事業再構築補助金の場合、
計画書の書面審査のみで「採択」が決まります。
したがって、計画書を適当に作って採択される、ということにはなりません。

事業再構築補助金は過去最大級の予算が積まれていますので、
たくさんの方が採択されることが想定されます。
しかし、多くの方が不採択になるでしょう。

大半の方は、計画書を書くこと自体が初めてなので、
(融資審査で提出する計画書より、高いレベルが求められます)
「どういう内容を書いていいのか」「審査員に伝わる内容か?」
あなたが、不採択者のなかに入ってしまう、ことを防ぐには、
計画書作成のお作法を知って、計画書を作成しなくてはなりません。

約1時間で補助金制度の理解〜計画書作成のポイントまで
要点を絞って、端的にお伝えしていきます。

■特典資料について
動画中に出てくる「特典資料」はセミナー参加者特典となっています。
youtube視聴者へ配布する予定はありません。

■動画の修正点
9:46〜
電子申請は、jGrants(https://www.jgrants-portal.go.jp/ )ではなく
事業再構築補助金の電子申請システム(https://jigyou-saikouchiku-shinsei.jp/ )
から申請することとなります。

■その他
gBizIDプライムの取得:https://gbiz-id.go.jp/top/
日本標準産業分類:https://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/sangyo/02toukatsu01_03000023.html
事業再構築補助金の電子申請システム:https://jigyou-saikouchiku-shinsei.jp/

■セミナーコンテンツ
00:00 冒頭挨拶
00:36 当セミナーの役割
03:37 補助金・助成金の違いについて
06:54 事業再構築補助金の概要
40:18 事業再構築指針
59:48 計画書作成のポイント
1:12:48 認定支援機関としての支援内容