事業承継補助金お任せ下さい

#起業で日銭入る後継者なし黒字会社引継ぎ

0

#起業で日銭入る後継者なし黒字会社引継ぎ

◆TOPICS ITソフトの「IT導入補助金」ので検索を!

◆即日銭が入る事業引継ぎ
.廃業予定の70歳超オーナー会社を譲受ける起業手法。
.手法はM&A会社売買(株式譲受け)による。
.小規模M&Aで赤字や債務超過でも売買実績がある。
 
◆マッチングサイト
支援者はM&Aマッチングサイト全国版運営のバトンズ。
バトンズ認定アドバイザーなら無料掲載を無料支援できる。
 
小さい会社売買情報そのものに価値はない(無料)。
当事者同士の間で中抜き売買するなら仲介料も支援量も不要のサイト。
 
◆M&A専門家とは?
#エムアンドエー専門家かとは会社を事業体として売買する仲介人等をいう。バトンズでは次の者を専門家としている。
M&Aシニアエキスパート
バトンズ認定承継アドバイザー

.お断り)
文中のバトンズ、およびバトンズ認定承継アドバイザーは株式会社バトンズの商標権で、M&Aシニアエキスパートは日本M&Aセンター(東証1部上場)が利用する株式会社きんざいの商標権。
 
◆M&A企業価値評価はどうするのか?

➀ 帳簿を時価換算
売却時価で資産と負債を計算し直す、つまり簿価の帳簿を時価に直すと、その資産と負債の差額が、帳簿(財務諸表)から算出できる「売れる価値」
 
➁ のれん
#財務計算上はエムアンドエー会社売買価格と財務諸表上の時価ベースで資産と負債の差額をのれん代と表現する。のれん代は通常の財務諸表には表示されない非財務系の価値で例えば商圏や立地や引継げる顧客リストそれに取引先からの信用や特殊な技能や技術等の価値が会社の買手が相乗効果を感じる場合に評価され会社売買交渉において売手の会社株式の時価評価額に加算される。
 
#MAによる会社株式の売手としては交渉により財務諸表に現れていない暖簾価値を最大限にアッピールしてエムアンドエーによる会社売却価額を膨らませることになる。
 
◆無料相談窓口はDOGAMI。
フリーダイヤル0120-03-6066
案内人は山本努
受付は
平日9:00~17:00
 
◆発信元はDOGAMI。
アアクスグループ株式会社
代表税理士堂上孝生
 
e-mail dogami@taxes.jp
http://起業.tokyo/

備考1
#起業ドットtokyoのサイトはM&A会社買収の仕方等を支援をする。

備考2
#廃業ドットtokyoのサイトは廃業の前にM&A会社売却でのれんを売る支援をする。